calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

アテナカイロプラクティックセンター(茨木正体院)公式ホームページ

http://chiropractic-athena.com
リンク Links

---------------------------------

/FC2ウェブで、
今日からあなたもWEBデザイナー!/
FC2ウェブ>>>
---------------------------------





---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------
BBS7.COM
MENURNDNEXT

---------------------------------

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.06.09 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    高齢者の水泳 -- 2(続き)--

    0
      高齢者の水泳 -- 2(続き)--
       確かに、年齢が行くに連れて、筋力は何も努力しないと落ちて行くのであるが、そうだからといって、その状況に合わせ切ってしまって、無自覚的に辻褄合わせをすると、その事が遠因に為り将来とんでもない事に繋がっていく事になる。

       即ち、先の女性の様に、首だけ一所懸命に水面から出して呼吸をしようとすると、首の上の方[上部頚椎]で綺麗な前彎がなくなり、「く」の字型になってしまい、重要な頚髄(中枢神経)や横隔神経(横隔膜を制御する大事な末梢神経)等の神経群、並びに椎骨動脈という脳底動脈に通じる血管群を圧迫し、頚髄症と呼ばれる、時には即(ソク)、命に関わる事もある怖い症状を発生する事もある。
       これを発症したヒトの頚部の側面からのMRIを診ると、椎間板ヘルニアの酷(ヒド)い様な状況が起こっていて(☆)、こんな状況で(自分がカイロプラクティックをしているのに言うのも何だが、)下手にカイロプラクティックや整体、整骨・接骨院等へ通院して、首を捻られたりしようもんなら即死してしまう。(・・・だから、こんな事にならない様に、自分の分限を見極める能力を付ける為に、そして施術を控えて一刻も早く適切な病院を紹介するなりして、患者様に最適な治療を受けて頂く手助けをする為に、確り勉強しないといけない理由がここにある!!・・・)

       (☆):椎間板ヘルニアの場合は、頚髄が椎間板(線維軟骨が主)の脱出により(斜め)前方から圧迫される事が圧倒的なのに比べ、頚髄症の場合は、椎間板のみならず、前方及び後方からの骨性組織の損壊による挟撃圧迫も齎(モタラ)される。

       私の、今年で97歳になる母親が、4年前にマットの上で背中から仰向けに倒れて、首が鞭打ち状態になって、死に掛けたのがこれである。MRIを診ると、「よくこれで生きているなあ」と怖くなる位に頚髄が前後から挟撃圧迫されていて、体幹・手足は全く動かせず、かろうじて呼吸しているだけという所だった。あの時若しも、鞭打ちの際首に巻く市販の頚椎のサポーター(キーパー)をしないで善かったと思う。若し、融通の利かない頚椎のキーパーをしていたら、下手すると母を殺していたかもしれない。患者様の状況をしっかり把握しないで行う機械的な施術や、taping・器具の装着の持つ危険性は何処に潜んでいるか判らない。
      ------------------------------------------------

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◆◇東京⇔関西、関東⇔名古屋の格安夜行バス【アミー号】◇◆
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      アミー号は、東京⇔関西、東京・千葉⇔名古屋の快適な夜行バスの旅を 格安にてご提供しております! 東京⇔関西の3列シートはプラズマクラスターイオン発生器を搭載!
      千葉・東京⇔名古屋の4列シートは、通常料金の500円割増しにて 一人で二席独占できるダブルシートもあり。
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      詳しくはこちら
      プラズマクラスターイオン発生器搭載!アミー号 ━━━━━━━━━━━━━

      モーグルの選手

      0

         モーグルをしている方(男性)が来院した。何時もと違って背骨の配置(alignment=alinementアラインメント)がグネグネに成っている。本人はシンドイと言う自覚無しの、何時ものメンテナンスに来ている積りである。あまりに面妖[おかし]いので、色々問い質すと、昨日のモーグルで物凄く沢山転んだという。そうなると、体の彼方此方で態勢[体勢]を維持するために、背骨が一見ぐちゃぐちゃな位に歪を作る様である。その事に由って、彼方此方凝りも出て来るだろうが、こうした凝りは、上記の様に、体勢維持の為に出て来た、必要悪ともいえるコリの可能性があるので、中途半端に解[ほぐ]すと、却って後がしんどくなる。凝りを悪者の様に思い込むのは危険である。採って良いコリと採ってはいけない凝りがある。採って行けない凝りは、体のバランスが良くなると、何もしなくても自然に、時には瞬時に、取れて来る者である。その見極めが大事。常にその症状の由って来る原因を深く追究する姿勢を忘れてはいけない。

         ━━━━━━━━ 安心安全の専門店 TSSP.jp!!━━━━━━━

         ◎プロが選んだ防犯&防災グッズ!
         ◎防犯ブザー、防犯フィルム、補助錠、センサーライト、防犯カメラ、ドアホン、盗撮防止、盗聴防止、護身用品
         ◎地震、火事対策、非常食、保存水、家具固定転倒防止、災害用簡易トイレ、避難セット、防寒、火災報知器、
         ◎何かが起こる前に供えて安心。
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


        高齢者の水泳 -- 1--

        0
            長年水泳を健康の為になさっている73歳の女性の頚部を触診させて頂いた。頚椎(首の骨)の2番目と言うのは、棘突起という最も後側に突き出ている部分が、その上下の頚椎に比べ、結構後方に出ているものですが、それが下方へお辞儀しており、第1番目の頚椎(環椎)が前方へ滑っていて後頭骨が後方へやはりお辞儀して、云わば、かなりきつい『く』の字に成っている。頚椎全体も滑らかな前方への弓形(頚椎前弯)が無くなってしまっている。
           その女性は水泳のルーティーンとして、.ロール、∧娠砲、G惘砲僚腓乏藤横娃娃蹐鬚罎辰り泳ぐ。その中でも最も好きな種目は平泳ぎであると言う。この事を聞いた時、私の頭の中で、彼女の頚部が『く』の字に成っているのは、平泳ぎを長年に渡り熱心に練習してきた所為ではないか、という考えが閃いた。それで、平泳ぎをするなとは言わないが、息を継ぐ時出来るだけ頭より胸を水面から出すイメージで呼吸して下さいと言った。そうするとは、「筋力がないので、若い時の様に、胸まで出ません」と彼女が言う。(この稿未完)

          -------/ FC2ウェブで、今日からあなたもWEBデザイナー! /-------
          FC2ウェブ>>>
          /無料で⇒広告表示なし;たっぷり1GB;ファイル管理;商用利用可能;FTPに対応;サブドメイン持てます/

          「空腹」が人を健康にする

          新品価格
          ¥1,470から
          (2012/3/21 00:20時点)


          | 1/1PAGES |

          ---------------------------------
          ふしぶしの健康に!歩く・立つ・座るをサポート【くみあい市場】ほほえみクラブ
          -------------------------------------

          -------------------------------------

          -------------------------------------