calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

categories

archives

アテナカイロプラクティックセンター(茨木正体院)公式ホームページ

http://chiropractic-athena.com
リンク Links

---------------------------------

/FC2ウェブで、
今日からあなたもWEBデザイナー!/
FC2ウェブ>>>
---------------------------------





---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------
BBS7.COM
MENURNDNEXT

---------------------------------

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.06.09 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    NHK「その時歴史は動いた」『語り継がれた伝承』を見て -- 3(完) --

    0
       今少し詳細に述べるならば、北海道アイヌ語或いは樺太アイヌ語にしても、アイヌ語は音節構造が極めて簡単な言語である。アイヌ語は日本語と同様、子音群も無く、子音と半母音との連続も無い(つまり拗音が無い)。北海道アイヌ語には同一母音の連続も無い(つまり長い音節が無い)。樺太アイヌ語には長い音節があるが、この2つの母音は同一母音である(kaa、puu等)。日本語と異なって、閉音節は一般的である。しかし音節末に立つ子音は限られている。こうしたアイヌ語の言語構造上の特徴が幸いにローマ字表記に馴染んだ事も、知里幸恵の表記が当時に於いては殆ど完璧な形で言語文献として通用する物であったと言える。

        番組の終わりで、アイヌが日本の先住民族として認められ、アイヌ語も学校教育の一環として公認されている情景が出ていたが、一つ私が懸念するのは、今日のアイヌ語教育現場に於いて、ある意味仕方が無いかもしれないが、アイヌ語表記の方法がひらかな・カタカナで行われている事である。
        言語が異なる以上日本語には無い音素がアイヌ語にもあって、其れを日本語的表記で『誤魔化して』教えるという姿勢には納得いかない。前にも記した様に、ひらかな・カタカナは言語表記の方法としては極めて不十分且つ曖昧な表現技法である。かってモンゴル語は元々14文字しかなかったものが、別言語で自己に無い発音を記載する必要から、7個加えて21文字を以って表記する様になっている。
       
       私は何時も英語の発音教育で歯痒い思いをするのが、日本人ほど(特に外国語の)音に対していい加減な民族は無いと言う事である。典型例が、(不正確なカタカナの発音だが)boat[ボウトゥ]を[ボーと]と言い、Freud[フロイトゥ]を[ふロイど]、advanced[アドゥヴァンスとぅ]を[アドゥばンスど]という。呆れるのはRoosevelt[ろウざヴェルトゥ]を[るーずべると]と発音して、学校も政府も、入学試験に発音の問題としても出題されたり、昔から指摘する方がいるのに、一般向けの発話に際し、一向に訂正しない事である。その事は外国語をいい加減に扱うだけでなく自国語に対してもいい加減な態度である事に繋がって行くと想う。アイヌ語に対しても、出来るだけ正しい発音が出来る文字を場合によっては作って行くだけの威厳をアイヌの方々にも期待する所である。
      -------------------------------------------------------------------------
      以上、今回のアイヌ民族に関わるビデオを見て大きく4つのテーマから感想を記して見た。即ち、

       1)引用文ではあるが、「支配」という構造が単に一つの地域を表層的・地域的に実効統治するのみでなく、その地域固有の文化的(時には文明的)伝統の基底レベルまで変容・破壊させてしまいかねない可能性を指摘した。 
       
      2)次に、政治・経済学的観点から、経済政策としての「収奪機構の一環としての教育」の在り方を考えてみた。亦、文学的ではあるが、人間関係の「縁」の不思議さを高く評価したい。 (幾分ある傾向に偏った風な書き方をしているが、私自身は別に「△▽主義」を信奉している人間だ、というより、歴史的論考はこういう書き方のほうが筆が進み易い様に思ったので、この様なスタイルをとってみました。いい加減だと批判されるかな?)

      3)アイヌ語研究における、言語学的に重大な歴史的事実(Geschichite)認識での疑問を提示してみた。そして、極めて簡略であるがこの機会にアイヌ語に接する機会が得られ、過って言語学に興味を持った事で買い置いた若干の資料がやっと(!!)役に立った事は嬉しい限りである。

       4)最後に、アイヌ語或いは言語教育における問題点に対する私なりの感想に触れて見た。

      銀のしずく降る降るまわりに―知里幸恵の生涯

      新品価格
      ¥2,100から
      (2012/4/3 23:37時点)

      ----------------------------------------------------------------------

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.06.09 Monday
        • -
        • 18:26
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        ---------------------------------
        ふしぶしの健康に!歩く・立つ・座るをサポート【くみあい市場】ほほえみクラブ
        -------------------------------------

        -------------------------------------

        -------------------------------------