calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

アテナカイロプラクティックセンター(茨木正体院)公式ホームページ

http://chiropractic-athena.com
リンク Links

---------------------------------

/FC2ウェブで、
今日からあなたもWEBデザイナー!/
FC2ウェブ>>>
---------------------------------





---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------

---------------------------------
BBS7.COM
MENURNDNEXT

---------------------------------

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2014.06.09 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    映画The Pacific(全5巻)を観て(ネタバレ御免なさい)

    0
       映画The Pacific(全5巻)の最終巻で、主人公が沖縄戦に参戦した際、とある一見の家屋から聞こえる乳児の激しい泣き声に誘われてその家に入ると、砲撃により死亡した母親の傍で辛うじて難を逃れた乳児を発見する。
       其れまで彼は「JAPなんぞ皆殺しにすればいいんだ!!」と言う観念にどっぷり陥っていたが、間近で『生と死』のあまりにも凄惨な対比を、特に『母と子』と言う「非戦闘員」の運命がoverlapする事で、其れまでの兵士間に於る悲惨さとは異質の衝撃を感じたのだろうか、佇立したままの情景が、数秒ではあっても実際以上の時間的な間合いを感じさせつつ過ぎ去った頃、上官が入ってきて乳児を抱え去っていく。
       主人公も家を出ようとしたとき、呻き声が別室から聞こえる。銃を構え慎重に歩みを作り部屋を伺うと、腹をやられ瀕死の女性が横たわっている。思わず銃で撃ち殺そうとするも、女性の力なく開いた眼が何かを訴えるようにゆっくり時間が流れていく。彼女の命が正に消えかかって往く様を把握した主人公の中で、女性を銃殺せんとする意思は零れる様に流れ去っていくが、却ってその女性は主人公の銃口を弱弱しい右手で掴み自分の額に中てる。そして「私の苦しみを早くこの銃で開放してくれるように」と左手の指を微かに曲げるのであった。
       一瞬の躊躇(タメラ)いの後、彼は女の傍に寄り添い、僅かに彼女の肩に背後から腕を回し、じっと彼女の息使いを感じるかの風情であった。暫くして彼女の手から小さな手まりが転がり落ち彼女は逝った。その顔は汚れてはいるが、安らかで美しかった。
       彼が建屋から出てきた後、別の地点の岩場から少年が両腕を揚げ出てきた。一応用心の為射撃体勢を採っていたが、武器も持っていないような少年である事から、打つ事を止めようとしたその時背後から射撃音が聞こえ、少年は蹲る様に倒れる。背後の「やったぞ!」というまるで猟をして獲物を討ち取ったような歓声に対し主人公はつい先程とは丸で人が変わったかの様な憤怒を感じるのであった。
       戦後無事帰還した彼は、暫く腑抜けの様な時間を過ごす。母親は焦って就職を勧めるも、男として昔軍隊へ行って多分戦闘経験のあるであろう父親には息子の苦悩が実感できるのであろう、妻に「お前には多分わからないだろうが、彼は随分と辛い思いをして来たのだろう。今はもう少しそっとしておいてやろう」といって妻を誘(イザナ)って息子の傍を離れてゆく。こういう場面にこそ男としての父親の優しさと存在感を強く感じられるものである。
       その後も彼は、父と共に鳥撃ちにいくのだが、命を奪う事への不条理に苛まれている今の彼にとっては、小鳥さえも撃てなくなり、父親の前で「撃てない!殺せない!」と泣き崩れる。父は駆け寄り、主人公を「お前のお陰で、鳥も命が助かって喜んでいるだろうよ」と抱擁する。
       こうした「生命への畏敬」の観念を類似の情景で描いた作としては、十字軍に従軍して帰還し腑抜けの様になって後に信仰に目覚めた、アッシジの聖フランチェスコの人生を描いた、”BROTHERSUN,SISTERMOON”を思い浮かべる。激烈な戦闘の中で時には悪魔に魂を奪われたかの様に残酷な行為によって精神が病んでいる事が常態という状況の中で、恰(アタカ)も山岳の尾根から右に下るか左に下るかと言う境目で、狂気が癒され(聖なる者に目覚め)るか、狂気の坩堝に埋没していくかは、運命としかいえない。
       とはいえ、その左右を分ける要素がどこかにあるのかもしれない。個人の資質や親や他人との交流を含めての生育環境か(「氏か育ちか」)?その人物の使命感か?人生観か?要素は考えれば幾つも在ろうが、一つ言える事は、人間の存在(経歴)そのものの重みには軽重は無いと言う事だろうか。人は、つい先程までその存在さえ考えた事も無い、今正に息を引き取る寸前の人・動物からでも、素晴しい生命の畏敬を学びうる存在であると言える。
      --------------------------------

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.06.09 Monday
        • -
        • 19:31
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        ---------------------------------
        ふしぶしの健康に!歩く・立つ・座るをサポート【くみあい市場】ほほえみクラブ
        -------------------------------------

        -------------------------------------

        -------------------------------------